看護師求人探し人気ランキング

もっと看護師さんの待遇を良く!!

 

私達の人生で、病ほど心細いものはありません。その不安な時支えになってくれるのが看護師さんです。いろんな仕事がある中でも、患者さんを気使いミスの許されない職業なので、心の休まる暇も無く働かなければなりません。そこに夜勤などのハードなスケジュールの組み込まれた職業です。もう少し待遇が良くなればと常々思っています。そして、この過激さと待遇の悪さがが話題になれば、看護師さんになりたい人も躊躇してやめてしまったり、ますます人材不足になって、今働いている看護師さんにより負担をかけるようになる悪循環を繰り返していくようになるのです。若い人がなりたいと思いような待遇と環境を充実させて、また出産などで第一線を退いた看護師さんが、子供がいても復帰できるような環境作りを早急にしないとなりません。高齢化の進む日本です。人間が生きていくのに病院は必要ですし、病院には看護師さんが必要なのです。これから、治療のために必要な看護師さんと、介護のために必要な看護師さんとが必要なのです。看護師さんの数が必要なのです。まずは待遇改善をして若い人が看護師になりやすいように、そして、今辞めているたくさんの元看護師さんが、いつでも復帰できる環境を大至急作る事が日本の急務なのです。

 

看護師の職場における人間関係について

 

看護師の職場には比較的女性が多い傾向にあります。
職場においてスムーズに人間関係を構築する事が大切です。
適切なコミュニケーションを行う為の一般的なポイントをご紹介します。
まず一つ目は進んで挨拶を行う事です。
挨拶とは黙礼又は会釈では無く声を出す事が大切です。
特に上司と出会った際には立ち止まってしっかりと頭を下げる事が望ましいです。
二つ目はお礼を口に出す事です。
教えられる事があった場合には口に出してお礼を言う事によって相手の態度に変化が訪れる事があります。
三つ目は他人の悪口を言わない事です。
基本的に職場は壁に耳あり障子に目ありです。
軽い気持ちで話した噂話が曲解された上で伝播する事が多々あります。
他人の噂話をしないキャラクターである事によって誤解を解く事が出来る場合があります。
四つ目は良い意味で他人を気にしない事です。
職場では、相手や条件次第で自身の言動が誤解される事や悪感情を抱かれる事があります。
自身が正しい場合であっても決して理論的に相手を封じ込める事の無い様、配慮する事が大切です。
(相手を理論的に論破する事は後々、人間関係を拗らせる傾向にある為です)

基本的に何を言われても気にしない事がポイントです。

 

看護師転職サイトを利用してみたらと、親戚の看護師さんに話しておきました。

いとこのお嫁さんは長年看護師をしているのですが、地方のわりには大きな病院に
勤めていて夜勤もあり、仕事の内容がけっこうハードだという話はよく聞いていました。
一緒に暮らしているおばが年を取ったためだんだん身体の具合が悪くなり、特にひざの痛みが
酷くて家事をすることが難しくなって病院通いが増えたので、もっと時間にゆとりが持てる
夜勤が無い職場に変わりたいと思うようになったんだそうです。

 

でも毎日忙しくてなかなかほかの職場も探せないし、看護師の職場も案外狭い世界だから
いろいろあってねと嘆くので、近頃インターネットで看護師転職サイトというのをたくさん見るよ
と話しておきました。

 

そういうところに頼むとお金がかかるからと彼女が言うので、転職したい看護師さんには
費用はかからないし、プロのコンサルタントの人がついて希望の職場を親切に探してくれるみたい
だよと説明しておきました。条件がいいから応募が殺到したら困るので公開されていない看護師さんの
求人も、サイトに登録すると優先的に紹介してもらえるんそうなんですよね。

 

女性って結婚や子育て、そして介護と自分をとりまく家族の状況がどんどん変わっていくので、
看護師さんもそのときの生活に合った条件の職場を探したいという気持ちは、よくわかる気がします。

 

精神科の看護師さんの仕事

数年前に、少しだけ、精神科に入院した経験があります。入院したのは、数百床の入院ベッドを持つ比較的大きな精神科単科の
病院の、急性期病棟で、そこは閉鎖病棟でした。閉鎖病棟とは、患者さんの意思だけでは、病棟から出たり入ったりできず、
閉鎖空間で、過ごす病棟です。そこで働く看護師さんを見た感想を書きます。

 

まず、男性看護師さんの割合が半分くらいあります。これは、精神科特有で、男性看護師比率が高いのです。
何故なら、精神科の閉鎖病棟の患者さんは、精神疾患の急性期の患者さんで、時として、暴れることもあるからです。
他科と比べて、暴力の対象にされる確率も高く、またとっさの時に、暴れる患者さんを抑えたりする役目もあるからです。

 

ですが、精神科の看護師さんは、比較的、穏やかな人が多い印象を受けました。これは恐らく、ピリピリとしてると
患者さんの精神面に悪影響が出るから、意識して穏やかにしてるのではないかと思います。
また、患者さんは、幻聴や幻覚などの、特有の症状に苦しんでる方も多く、それらの訴え対して、否定も肯定もせず、
ただただ話に頷く、所謂、傾聴という技能に優れてる人が多いとも思いました。

 

当然ですが、お薬の知識なども皆有しています。できる看護師さんは、その時入院しているほぼ全ての患者さんの
詳しい服薬内容を把握してるとも言ってました。病棟に60人以上は患者さんがいたので、それはとても凄い
能力だと感じました。

 

看護師は患者にとって元気の源

私が高校生の時に、盲腸になり入院したときの話です。普通、盲腸ならば検査をしてすぐに分かる病気です。しかし、私の場合小学生の頃から不定期で我慢できないくらいの強い腹痛を繰り返していました。腹痛がおきる度に病院で検査を行い、点滴をすることが習慣になっていました。
高校生の時の腹痛は、いつもとは違い腸の異常な腫れが確認されたので、すぐに入院となったのです。この時、人生で初めての入院生活を体験しました。緊急入院してからは、毎日毎日点滴をしました。痛みを薬で散らしていたので、激痛をともなう腹痛からは逃れられました。
しかし、痛みを薬で散らしていたせいで、検査をしてもはっきりと盲腸とは決断出来ずに1ヶ月もの間入院生活をするはめになってしまったのです。私はとても元気になっていたのに、原因がはっきりと突き止められなくて、医者も頭を抱えてしまったのです。運が悪かったことに、とても心配症な医者が主治医だったので、原因が分からないまま退院させる訳にはいかないと言う理由で、病院に閉じ込められていました。
そんな長い入院生活の中で、私のことをいつも明るく元気づけてくれたのが看護師でした。暗い気持ちになりがちな入院生活でしたが、私にとって看護師の存在は偉大なものでした。毎日、看護師と会話をすることが楽しみの一つにまでなっていました。昔からよく看護師は白衣の天使と言われてきた理由が、その時の入院生活を体験して分かった気がします。
医者は病気を治すのが専門ですが、看護師はそれに加えて心のケアまでしてくれます。私は、看護師に沢山気持ちの面で救われたように思います。看護師が話を聞いてくれたり、笑顔で接してくれたりしてくれたおかげで頑張ることが出来ました。
私にとって、医者ではなく看護師の方が特別な存在です。

 

 

 

看護師求人と転職支援サービス

 

特にこの頃では転職方法も種類が豊富な時代で、医療ジャンルに転職希望の人々に、活用されつつあります。

 

もちろん医療現場の転職サービス全体も改善していて、非常に効率性のあるものに変化しています。

 

こうした看護師関連のサービスもアフターサポート体制の整備がされて、多くの方に、満足されやすいサービスになっています。

 

今では、インターネット上でも人気になって、評価もかなり高いものになっています。非常に魅力等もあるので、積極的に利用することも大切になっています。

 

 

保健師や看護師は多くの方の役に立つ仕事であって、転職先の候補としても多くの方が希望されています。

 

看護系の業務はきついことも多いですが、職業上の支援サポートも充実するようになってきています。

 

資格によっては年収の大幅アップにもつながるので魅力も倍増だと思います。

 

転職サイトや就職コンテンツを活用することによって、悩み相談も手軽に出来ますのでご活用されることをお勧め致します。

 

さらに、医療分野限定のサイトではネット上のコミュニケーションも可能であり、現役の方からのアドバイスやノウハウを知ることも可能になっています。

 

興味があるという方は是非この機会にチャレンジされてみるというのもお勧めになっています。

 

 

看護師さんの訛りは温かい

義父が高熱で緊急入院したときのことです。
その際にお世話になった看護師さんは、鹿児島弁訛りのある方でした。
私の祖父母が鹿児島の人間だったので、聞き覚えのあるイントネーションと語尾。
それがなんとも優しくて温かくて、緊急入院という事態で緊張気味だった私たち家族をホッとさせてくれました。
「ほんのこつ、いつもつこてる枕があったら、それを持ってこらしたらよかですよ。おじいさんもそのほが安心なさるで」と。
次の日、さっそく少々くたびれた愛用の枕を持っていくと、すぐに義父の頭を優しく持ち上げて「ほら、よかろが〜」と声をかけながら枕を差し替えてくれました。
現地で聞く鹿児島弁は全く分からないこともあるほど難しいのですが、方言の優しさを残して誰にでもわかるように会話をなさっているようで、ステキな看護師さんでした