年収600万円以上の看護師求人

看護師転職の成功方式

 

年収600万円以上の看護師求人

 

看護師/求人/高収入

 

 

 

看護師さんの転職市場は、相変わらず活況です。

 

基本的に看護師の数は不足しており、病院を始めとしたほとんどの医療機関は、慢性的な人手不足に悩まされていると言って良いでしょう。

 

実際に一般的なOLと比較しても、実際に転職を経験している看護師の数は多くなっています。

 

ある調査では、看護師さんの平均転職回数は約3回、そして20代でも4割以上の看護師が転職を経験しており、転職年齢の若さも看護師の転職事情の特殊なところです。

 

では看護師さんは、どのような理由で転職をするのでしょう。

 

やはり一番多いのは、給与のアップを求めてのものです。

 

特に看護師さんの場合、看護学校に入学後、その学校に関係している病院から月々の奨学金を受けることがあります。
このシステム自体は、お金に余裕が無い人に看護師になる機会を広げるのですから、悪いことではありません。

 

しかしそのような形で看護師となった人たちは、看護師になった後の3年から5年間で奨学金の返済をするために、その病院に務めることになります。

 

当然奨学金の返済がありますので、受け取る給与額も少ないことが多いのです。

 

そして奨学金の返済が終わってから、条件の良いところに転職する。

 

このような理由も、若い年齢層の看護師さんの転職の多さにつながっていると言えます。

 

 

能力によってヘッドハンティングされる看護師

私は、長い間、病気に煩わされていたので、心療内科に何年も通っていました。
ある時、ずっと、見慣れていた看護師さんが見当たりません。
小さな医院でしたので、そこの看護師さんは、受付の仕事も兼用しています。
何かの用事でお休みなのかな、と思ったものの、次回、2週間後も、又違う人です。
その時、血液検査をやる事になっていましたが、看護師さんではなく、先生が自ら採血をしてくれました。
不思議に思っていると、先生は、
「すみませんね。今、看護師がいないんですよ。」
と言うではありませんか!
「え、あの方、辞められたのですか?」
と、私が聞くと、何でも、ヘッドハンティングに合ったとか。
「今はね、看護師さん不足なんで、条件がいいところから引き抜きがあるんですよ。」
と、先生は寂しそうに言います。
その心療内科はとても良心的なところなのです。
患者さんが良くなって、仕事に復帰できたり、あるいは、仕事をしながら通う人の為に、夜の8時まで開院しています。
看護師さんにとってみれば、夜遅くまでの仕事は大変でしょう。
先生の言うところによると、今は看護師さんが不足している為に、看護師さんの派遣会社まであるそうです。

でも、売り手市場なので、良い条件の所へ行ってしまって、小さな医院には、なかなか来てくれないそうです。
一時期、看護師不足と、引退した看護師の復職で社会問題になりました。
が、短時間のパートでいいから、経験豊富な看護師さんを起用してほしい、そう思います。

 

 

 

 

 

年収600万円以上の看護師 求人 転職関連ページ

今すぐ応募できる看護師の求人情報の一括比較
看護師の求人情報の比較
産婦人科に勤務する私の苦悩
産婦人科に勤務する私の苦悩
働きやすい病院を求めて看護師の転職
働きやすい病院を求めて看護師の転職
病院看護師で転職をお考えの方に。
病院看護師で転職をお考えの方に。
看護師さんが病院を転職する場合に注意すること
看護師さんが病院を転職する場合に注意すること
看護師の転職において大切なポイントとは?
看護師の転職において一番大切なのは優良求人を見つけること