看護師とは?

あなたは将来看護師の職に就きたいと、考えていないでしょうか。

 

しかし具体的にはどのようにすれば、将来看護師として働くことができるのか、いまいちよくわからない人もいるのではないでしょうか。

 

看護師として働くためには、看護師免許を取得する必要があります。

 

そしてその看護師免許を取得するためには、看護学校に通う必要があります。

 

看護学校にもいくつかの種類があるので、自分の将来などを考え、どこの看護学校に通って看護師免許を取るのかを、よく考えて決めることをおすすめします。

 

そのためにもしっかりと看護学校について調べておきましょう。

 

あなたも将来看護師になりたいと考えているのであれば、看護師学校に通って看護師免許を取得してみてはどうでしょうか。
看護師求人募集☆
【看護ジャパン】

  • パソナ パソナキャリアカンパニーが運営するモバイル看護師求人サイト
  • サービス拠点が全国のため47都道府県で広く情報をキャッチ
  • およそ10万件以上もの病院からの看護師情報を検索できます
  • 専任のサポーターが付くので自分の思いが通じます
  • パソナだからプライバシー個人情報は厳守

約10万件の病院!高給与/日勤 多数

 

戴帽式ってまだあるんですね

看護専門学校を卒業したのは、もうはるか彼方昔の事。
私も、戴帽式に感動した方です。
(その前にあった、見習いのつらさも忘れて)

 

でも、今の看護の現場では、ナースキャップは使いません。
制服は、かなりの頻度で着替えているのに
ナースキャップはほとんど変える事がありません。
不潔だということで、何年も前から無くなりました。

 

それと男性の看護師も年々増えてきているので
必要もないということです。

 

専門学校の先生達も、色んな現場へ
顔を出しに行っているので、
ナースキャップがもう使われていないのも
知っているはずですが。

 

戴帽式というのは、ナイチンゲールの精神を誓うのと
同じくらい、儀式化してしまっていのだなと、
市の広報を見て知りました。

 

看護学校に行く人の年齢は色々です。
それぞれの気持ちの節目である事は確かです。

 

でも、男性の看護師は
戴帽式ってどうしているのだろうと
思ってしまうのです。

看護師とは?!看護師今すぐ病院転職仕事就職!看護師求人記事一覧

看護とはなんでしょうか?フローレンス・ナイチンゲールの看護覚え書によると看護とは患者に新鮮な空気、太陽の光を与え、暖かさと清潔を保ち、環境の静けさを保持するとともに、適切な食事を選んで与えることによって健康を管理することであるとしている。とりもなおさず、健全な生活環境を整え、日常生活が支障なく送れるよう配慮することが看護なのであるヴァージニア・ヘンダーソン(アメリカの看護学者。看護教育の指導者)看...

看護師の国家試験の合格基準!101回看護師国家試験では必須問題は80%一般問題+状況設定問題は63.5%が合格ライン?看護師の国家試験の日程保健師助産師看護師法(昭和23年法律第203号)第18条の規定により、第103回看護師国家試験があります。詳細は、厚生労働省のホームページで確認してください!厚生労働省:看護師国家試験試験日は平成26年2月16日(日曜日)試験地は北海道、青森県、宮城県、東京都...

医療施設で働いている看護師は医療専門スタッフとの適度なコミュニケーションを取る事が大切です。看護師と同じ勤務先にいる医療専門スタッフは多数存在しています。一つは臨床検査技師です。医師や歯科医師の指示に従い各種(心音図や超音波あるいは心電図や呼吸機能又は血液等)の検査を行っています。一つは理学療法士です。病気やケガ等身体的に傷害を持っている患者に対して医師の指示に従って、運動機能の回復補助(リハビリ...

看護師。そう聞くと、とても高収入な仕事で、頭のいい人たちが働いている。そんなイメージが浮かびます。そして、実際にそれは正しいです。収入も待遇も良く、比較的職場環境も良いところが多いので、高収入を望む人にはうってつけでしょう。特に、サービス残業が多く、職場環境、人間関係への不満が募る今は、まさしくそうだといえます。最近ではインターネットの普及も伴って、看護師求人サイトも充実していますので、自分の望む...

いろいろな職業の中で、看護師という職業は、学校に通って勉強をした上で、国家資格に合格しないとなれない職業です。そのため、看護師の国家資格を手に入れてば、他の職業に比べたら給料はけっこう高収入になりますよね。でもだからといって看護師は、みんながみんな同じ給料というわけでは、ありません。看護師になるにもいろいろな課程があるわけで、専門学校を出て看護師になった人、4年制の大学を出て看護師になった人とでは...

みなさんは看護師と聞いてどのようなイメージをお持ちでしょうか。夜勤があって働く時間も不規則で大変というイメージを持っておられる方もいらっしゃると思います。確かに夜勤などもあって労働時間が昼勤のみということは無理です。ですが、私の友人に看護師の友人がいて仕事の話も聞いたりするのですが、その話によるとお給料面はかなりいいようです。最近話題になっている介護士よりも仕事内容においてもはるかに良いもののよう...

看護師をしている友人がいます。進路を決める時期になると、一生働ける仕事を選ぶといって看護師の道を選択しました。今ではベテランの年代ですが、公立病院に勤務して高収入を得ているそうです。子供が保育園に通っていますが、看護師をしているお母さんは何人もいらっしゃいます。さすがに収入は聞けませんが、求人票に記載されている給与などを見ると収入もよいのだろうと想像がつきます。看護師というのは、女性にとって安定し...

介護は家族の方だけは出来ないと痛感する事がありました。それは私がまだ介護士になりたての頃のことです。1日中訪問介護のため車を走らせていました。通常、「身体介護を30分、または1時間」という作業をし終えると、次のお宅に向かいますが、段取りよく仕事ができずいつも次の職場へ必死で向かっていました。中でも大変だったのは、あるおじいちゃんのオムツ交換でした。そのおじいちゃんは、元気な頃は山に行くのが大好きだ...

自分の親を介護するというのはとても大変なことですが、私は必ず自分でやろうと思っています。なぜかと言いますと、親は私が赤ちゃんのときに、おむつを替えたり、食べ物を食べやすい大きさに切って、一口ずつスプーンで食べさせてくれたりして育ててくれたのです。介護とはそのお返しではないでしょうか。老人は赤ちゃんと同じようになっていくものです。言葉を忘れ始め、歯が抜け始め、背も小さくなっていきます。そして、排便や...

感謝の気持ちで一杯。お世話になった看護師さんたち私が入院した時には、多くの看護師さんにお世話になりました。入院先の看護師さんは皆とても親切で、誰もが温かい心遣いをしてくださいました。あたりまえの事ですが、看護師さんも一人一人性格が違います。その性格の違いが心地良かったのです。とても明るい看護師さんは、たまには外の空気に触れた方が良いからと、病院の外を散歩させてくれました。自分の家庭の話などをしなが...

生活の場としての介護施設において医療・福祉を担う看護婦について高齢化社会が進む昨今、介護施設における看護婦のニーズは高まる一方です。二十四時間看護婦在住の有料老人ホームは今や珍しい存在ではなく、当然そういった施設での看護婦の需要は多く、五、六十代の看護婦も引く手数多というのが現状です。病院勤務から介護施設への転職といった例も多くみられますが、施設看護婦の定着率は決して高いものではありません。数名の...

人間関係のストレスが多い看護師の職場看護師の職場というのは、女性がほとんどです。その為、人間関係のトラブルが多いのが実状です。看護師の仕事というのは、同じ病院の中でも、科によって業務内容は異なります。内科などは比較的に落ち着いていますが、外科や循環器などはオペが一日に何件もあり、忙しい病棟です。そのような忙しい病棟でも、スタッフが充実しているなど、職場環境が整っていれば、忙しいながらもメリハリも持...

看護師という仕事は本当に忙しいと思います。見ていてもほっと一息つける余裕がない、忙しい、常にいろいろな状況に目を配っていなければなりません。病院内を駆け巡って患者さんに対応しているわけですが、確かに忙しい仕事であることは誰もが認めるところだと思います。特に評判の良い病院はオープン前から患者が並んでいる状態です。それからお昼休みもほとんどないような状態になることも珍しくない病院もあります。看護師は適...

以前、一緒に仕事をしていた先輩看護師から言われた言葉。「看護師には医療系看護師と福祉系看護師の2つがある」その当時、病院を退職し、介護保険施設に入職したばかりのワタシにはよくわからなかったけれど、施設で勤務してみていろいろ見えてきたことがある。高齢者施設は介護保険領域であり、医療保険では算定されない医療行為が多い。病院であれば普通に実施している医療行為が、施設ではただのサービスにしかならないことも...