ブランク看護師にとって、働きやすい職場とは?

独身時代は、常勤看護師としてバリバリ働いていたとしても、結婚して、さらに出産を経験すると、

 

独身時代と同じように働く事はとても難しいものです。

 

多くの看護師は、出産を期に職場を離れ、暫くの間は子育てに専念しています。

 

このように、一旦退職をして子育てに専念している看護師も、ほとんどの方が、子供がある程度成長した時点で、職場に戻る事を考えています。

 

しかし、その際に心配になるのが、ブランクです。

 

医療業界というのは、日々進歩しています。

 

新しい機器が導入されたり、新薬の開発など、毎日看護師として働いていても、勉強が必要になります。

 

職場を離れてしまうと、看護師知識や技術を忘れてしまう方が多いようです。

 

ブランクが長ければ長い程、看護師としての勘を取り戻すのが難しくなりますし、職場に慣れるのにも時間がかかります。

 

そのようなブランク看護師に嬉しいのが、プリセプターシップを導入している病院です。

 

プリセプターシップというのは、新人看護師が仕事に早く慣れるように、経験のある看護師が指導に当たるという制度です。

 

この制度が取り入れられている病院であれば、ブランクがあっても安心して仕事に入る事ができます。

 

仕事に復帰する際に、看護師求人情報サービスを利用すると、プリセプターシップを導入している病院やブランク看護師でも働きやすい病院を探してもらう事が可能です。

 

育児と仕事を両立させるのはとても大変です。

 

せっかく仕事に復帰しても、働きにくい職場ではストレスが溜まってしまい、育児に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

ストレスを溜めずに、仕事と育児を上手く両立させる為にも、看護師求人情報サービスを利用して、自分にあった職場を探す事が大切です。

ブランク看護師にとって、働きやすい職場とは?関連ページ

子育て看護師の職場は透析室に限る
子育てママナース看護師の転職の悩み!
出産を機に転職
子育てママナース看護師の転職の悩み!