出産を機に転職

私は大学卒業後、小児医療専門の病院に8年間勤務していました。

 

小児専門ということもあり、重度の疾患で長期入院している患者さんが多く、常に緊張感をもって挑まなければなりませんでした。

 

結婚後も仕事を続けていましたが、妊娠が発覚し体調がすぐれなかったことから、転職を考えるようになりました。

 

自分の体調が万全じゃないのに全力で看護にあたれるのか、子育てをしながら集中して働けるのかということに不安を感じたからです。

 

そこで、妊娠5か月の時退職し、子供が少し大きくなったら仕事のことを考えようと思いました。

 

その後、出産、子育て期間を経て、子供が2歳になったのを機に仕事を探し始めました。

 

私が新たなスタートとして選んだのは、病院ではなく保育所です。

 

最近では、保育所に看護師が常駐していることがあり、特に首都圏では多く見られます。

 

自分の子育て経験を通してわかったことは、自分が看護師でありつつも、子供の体調には不安を感じることが多く、

 

風邪をひいただけで大丈夫だろうかとおろおろしてしまうということです。

 

他のお母さんたちもきっと同じだろう、ましてや、昼間働いていて子供の様子がわからないお母さんたちはなお心配だろうと感じました。

 

そこで、保育所の子供たちの体調を見て、お母さんたちの不安を和らげたいと思い、保育所を選びました。

 

勤務時間も昼間なので、子育て中の自分にはぴったりです。

 

病院での看護師の役割とは異なるので、戸惑うことも多いですが、やりがいのある仕事です。

出産を機に転職関連ページ

子育て看護師の職場は透析室に限る
子育てママナース看護師の転職の悩み!
ブランク看護師にとって、働きやすい職場とは?
子育てママナース看護師の転職の悩み!