子供や旦那との生活満足!無理ない家庭の時間と収入は看護師が最適!

 

子供や旦那との生活満足!無理ない家庭の時間と収入は看護師が最適!

 

残業や夜勤のない子育てママナースの看護師求人情報

 

 

 

子供や旦那との生活満足!無理ない家庭の時間と収入は看護師が最適!

 

子もちの看護師なら、アルバイトで働くのもアリ!

 

看護師ってすごく忙しく働いているイメージですよね。
実際、入院施設があるようなところなら日勤と夜勤の入り混じったシフトですし、場所によるものの急患がでた場合は残業もザラ。
人数に余裕がないと連勤が多いといった場合もあります。

 

特に大きな病院ほど、診る患者もやる作業も多く体力勝負です。
そんな環境のため離職率も高く、看護師自体が全国的な人手不足なので、求人としては引く手あまたなのが現状です。

 

しかし小さな子どもがいると、なかなか残業・夜勤アリで働くのは難しいですよね。
保育園の都合もありますし、もし子どもの具合が悪くなったときに夜勤で交代してもらえる人がいなかったら…と思うと、働く看護師側も雇う側もどうしても敬遠しがちです。

 

そこでオススメなのが、常勤ではなく非常勤、つまりアルバイトでの雇用です。
アルバイトでなら日勤のみの募集をしているところも多いです。
また、単発や短期で働くことも可能!
病院とは違った、健診機関や訪問看護などといった働き方もあります。

 

アルバイトというと時給が低くなかなか稼げないイメージですが、看護師という資格があるだけで他のアルバイトよりも時給は高めですし、人手不足が影響して求人が多く受かりやすいといえます。

 

看護師として働きたい、でも常勤は無理…という方はぜひ一度看護師求人サイトなどでアルバイトの求人を探してみてはいかかがでしょうか。

 

高収入の看護士だった母のおかげです

 

私の母は看護士でした。

 

小さい頃、私はカギっ子で、家に帰っても誰もいないことを寂しく思ったりもしました。

 

それでも、母の仕事は人を助ける素晴らしい仕事だと、子供心にも誇りに思っていたとおもいます。

 

私が16歳のときから父は病気のため働けなくなり、19歳のときに他界しました。

 

それでも、私と兄はまったくお金の心配をすることなく、学校へ行かせてもらいました。

 

もちろん、父の残してくれたものもあったとおもいますが、安定した母の高収入のおかげだと今はわかります。

 

長く勤めた病院では定年まで働き、その後も紹介がありその近くの個人病院で、今でも母は看護士として、午前中の外来だけですが、働いています。

 

時給はもちろん、普通に考えたら、定年後の女性がもらえるはずはないというくらいの高給取りです。

 

だから私の息子にも、好きなものを買ってくれたりしますし、自分のためにもなにかとつかえるようです。

 

確かにきついところのあるお仕事だとおもいます。

 

でも、それにも増したやりがいがあるのだろうとおもいます。

 

母をみていると、彼女の人生から看護士の仕事をとったら、あまり何も残らないのではないかと思うくらいです。

 

母は今も友達と旅行に出かけたりしますが、その友人達も職場で知り合った人たちです。

 

私は別の道を選びましたが、技術職で、やはり定年はないに等しいです。

 

自分が働ける限り働いて、息子や、いずれは孫にも、迷惑をかけずにいろいろ買ってあげたいなと思っています。