看護師の仕事と子育てを両立させる為に、転職の際の病院選びのポイント。

看護師求人の厳選情報の魅力

 

ナース求人!転職がよぎった瞬間がチャンスの時!

 

看護師の仕事と子育てを両立させる為に、転職の際の病院選びのポイント。


女性が多い看護師の仕事、女性は生活環境の変化がある為、環境に合わせて、転職を考える場合が少なくありません。

 

代表的なパターンが、子育てと仕事を両立させる為に、転職を考える場合です。

 

最近では、子育て環境が整った職場が増えてきてはいますが、まだまだ働き易い環境とは言えません。

 

特に、大学病院の場合、とてもハードな職場で、残業は毎日、年休も消化できない職場では、いくら給料が高くても、子育てとの両立は皆無に近い環境です。

 

実際に、大学病院で働いているのは、ほとんどの方が独身です。

 

子育てと仕事を両立させたいのであれば、転職する前に、事前に病院の環境を調べる事が大切です。

 

院内保育園や育児時短制度など、子育て環境が整った病院というのは、必然的に、多くの、子育てをしている看護師が働いています。

 

自分と同じ環境の看護師が働いている、という環境は、とても心強いものです。

 

そして、子供の都合で、シフト変更や時間変更を申請する場合でも、理解してもらう事ができます。

 

子育てに理解のない病院の場合、働きにくいばかりか、ストレスが溜まり、プライベートにも影響がでてしまう可能性もあります。

 

看護師情報サイトなどを利用して、事前に詳しくチェックする事が、転職の成功に繋がります。

 

家庭と仕事を両立させる看護師について

出産後の看護師が仕事と家庭を両立する事を望んでいる場合には育児休暇を有効的に活用する事が大切です。
育児休暇は法律によって定められている為、勤務先へ育児休暇の申請を行う事が出来ます。
又、短時間の勤務や残業の免除及び時間外労働や深夜勤等の制限に関する制度もあります。
家庭と仕事を両立する看護師を支援する為に勤務先である医療機関が保育所を設置している場合もあります。
子供を預ける事が出来る託児所を設置する事によって勤務時間中も安心感があります。
出産や育児等によるブランクのある看護師が復職を容易に行う事が出来る様、講習会や短時間勤務システムを導入している医療機関が増加しています。
家庭と仕事を両立している先輩看護師が多くいる環境である場合には、子供に何か問題が生じた場合においても理解度がある事やアドバイスやサポートを受けられる事が期待できます。
ちなみに、産休や育休を最大限有効的に活用事を希望している場合には常勤看護師を選択する事が望ましいです。
又、限られている時間を必要に応じて活用する場合にはパート看護師の立場が望ましいです。
看護師自身が環境を判断する事によって適している勤務スタイルを見つける事が大切です。