看護師は悩み尽きないハードな仕事

看護師は病院経営の状況によって過酷な状況になる
★夢を抱いて看護師になったが、あまりに大きすぎる理想と現実に遭遇することも少なくありません。
患者がたくさん来院する病院はいいですが、中規模以下の経営が苦しい病院では苦労することもあります。
複数の診察科がある総合病院は、看護の仕事がきちり分業されています。
手術室には専門のオペ看がいますし、病棟には専門の病棟看護師もいます。
入院患者には准看護師や看護助手もいてケアしており、看護師の負担も多くありません。
ところが、中規模以下の病院の場合、これら全てを看護師がこなさなければならないケースもあります。
日中は外来を担当し、夜勤は病棟担当になったりします。
経費削減のため、法律で定められた看護師の最低基準だけを満たして、看護助手を置いていない病院もあります。
このため、看護師が食事の配膳、排泄処理、入浴介助などあらゆる業務をこなします。
特に術後の患者が多い時など、その業務は激化します。
術後の患者の場合、自力歩行ができなければ、食事や排泄など看護師の手で行わなければなりません。
さらに感染症や痛み止めの点滴を数時間置きに施します。複数の術後患者がいれば、絶えず点滴の交換時期がきます。
その間を縫うように、入院患者のケアに走り回ります。
だからこそ、看護師は崇高な職業精神の持ち主ではないと、務まらない意義ある職業なのです。
看護師求人募集☆

顔で笑って、心で泣いて

 

新米看護師は、ともかく小間使いと同じです。
いくら、専門的な知識があってもほとんどが患者さんとのやり取りが
いいか悪いかが、評価になってしまいます。

 

高度な知識が必要な看護師はさらに、試験を受けて専門に行くのです。

 

ほとんどの看護師は、夜勤もこなす肉体労働者といっても過言はありません。

 

慣れていない職場だと、年齢が下でも先輩面されます。
こんな事もできないの?なんていう態度だってされます。

 

それを、毎日耐えて、患者さんにはにこやかに接しないといけないのです。
この姿勢を保っていないと、患者さんにも指摘されてしまいます。

 

専門職といっても、患者さんにはいかに手厚い看護かという事が全てなのでしょう。

 

病院に来て、日の浅い患者さんはまだいいのですが、主のようになってしまっている患者さんは、看護師の値踏みをしているのは確かです。
これに耐えて、顔は笑っていないといけないのです。

看護師は悩み尽きないハードな仕事!看護師今すぐ病院転職仕事就職!看護師求人記事一覧

外来の患者さんは、あまり先生に質問はしません。注射のオーダーがあって、処置室で注射をしている時には、とても雄弁です。もっとも、注射嫌いの人は、緊張のさなかですが。薬の事、注射の内容、先生の言った内容、それこそ先生のいるところに聞こえるぐらいの声で。それぐらい、言いたい事があれば直接聞けばいいじゃないと思っても、「先生は忙しいから」の一言で終わってしまう。さらに、カルテが受付に行ってしまってから「あ...

看護師さんの転職理由で意外と多いものに、より自宅に近い職場で働きたいというものがあります。これは特に30代以上の看護師さんに多く見られる転職理由です。それは女性が多い職場ならではの現象と言えます。なぜそうなるのかといえば、それは看護師さんに限りませんが、女性の場合には、20代の後半から30代にかけて結婚、出産を経験する人が多いからです。若くて独身の時には多少遠い職場でも良かったのが、結婚したことに...

看護師が転職を希望する時には、職場に対する何らかの不満が内在しています。不満の中身は、給料や賞与、地位などの待遇面であったり、勤務時間や休憩時間、夜勤、ローテーションなどの労働環境面だったり、産休や保育施設などの福利厚生面だったりと、人によって様々です。給料や賞与に関しては、就業前に思っていたものと違うということで即不満につながりますが、それだけではなく、生活に影響することでもあるので、転職の大き...