看護師で高収入を目指す場合、病院の夜勤専門がお薦め

看護師の仕事は夜勤と給料で

 

通常の仕事では、夜勤の仕事に入ることによって、大きく給料を上げることが出来るようになります。

 

アルバイトについても、時給が1.25倍になりますので、給料を上げることが出来るようになります。

 

これは、看護師の仕事においても同じことになっていまして、夜勤の仕事に多く入ることによって、非常に給料を上げることが出来ます。

 

看護師の仕事は、通常では病院やクリニックで働くことが多くなりますが、病院やクリニックでは夜勤手当てが出るようになっています。

 

夜勤手当ての金額が大きい病院やクリニックで働くようにすることで、大きく給料を増やすことが出来るようになります。

 

夜勤手当ての金額は、病院やクリニックによって変わりますので、就職前にしっかりと確認するようにしておきましょう。

 

しかし、夜勤に多く入るようにしてしまいますと、体力的には厳しくなってしまいます。

 

体力的に厳しくなってしまうと、仕事が出来なくなってしまう可能性もありますので、夜勤には入り過ぎないようにしておきたいところです。

 

看護師の仕事については、夜勤と日勤のバランスを良くすることによって、給料を上げることが出来るようにもなりますし、日勤だけ入るようにすることにも出来ます。

 

夜勤は少ないスタッフで多くの利用者を担当するため体力的に大変な仕事で人員不足であることが多いです。

 

また、夜勤手当が多くつくためその分月収や賞与が高くなります。

 

夜勤入り、夜勤明け、休日という勤務体制になるため、

 

1ヶ月あたりの勤務日数が約15日になります。

 

時間当たりの給料も高めで、体力のある若い人が働いていることが多いです。

 

私の知り合いに、夜勤専門で働いている男性がいます。

 

夜勤に入れる看護師が少なく、貴重な夜勤ができる人材であることから

 

基本給も少し高いそうです。

 

一か月の基本給が28万円で、夜勤手当が1回1万5千円なのですが

 

月10回の夜勤だと15万円になります。

 

さらに資格手当などの手当ても含めると、50万円近くになるそうです。

 

彼は妻と子どもがいるため、給料の高い夜勤専門の職場を選んだそうですが、家族の理解と支援によって仕事を頑張っているそうです。

 

夜勤専門の求人を探す時は賞与にも注意しなければなりません。
賞与は毎月の給与額によってもらえるお金が決まってくるため、何か月分の賞与がもらえるか確認した方が良いです。
また、他にどんあ手当があるか確認をして基本給にどれだけ加算されるかチェックします。