看護師のキモチ〜医療と福祉の境界線は?〜

kanngonosigoto300250 看護のお仕事 naasujyobu300250 ナースジョブ

看護師のキモチ〜医療と福祉の境界線は?〜

以前、一緒に仕事をしていた先輩看護師から言われた言葉。
「看護師には医療系看護師と福祉系看護師の2つがある」
その当時、病院を退職し、介護保険施設に入職したばかりのワタシにはよくわからなかったけれど、施設で勤務してみていろいろ見えてきたことがある。

 

高齢者施設は介護保険領域であり、医療保険では算定されない医療行為が多い。
病院であれば普通に実施している医療行為が、施設ではただのサービスにしかならないこともある。
施設入所者が病院を受診する時、それにかかった医療費の大半は施設負担となること。
医療保険に保険請求できる項目がかなり限られていること。
施設によっては服薬もすべて施設負担になるところもある。
利用者の体調管理に必要不可欠な医療行為が、医療として認められないというのは腑に落ちない。

 

けれど、施設に入所してくる高齢者は『医療』も必要としているけれど、それ以上に『介護』を必要としている。
家族が自宅での介護を困難と判断し入所させてくるケースがほとんどで、身体管理よりも生活支援を望んでいる。
そこに必要なのは医療ではなく福祉。
看護師が介入するポイントとして、いかに医療機関の世話にならず、施設での生活を継続できるか。
そのための最低限の身体管理をしていくことなんだと思う。
高齢者の体調管理はいろいろ難しい場面もある。
寝たきりであれば、体調不良を訴えられず、体調変化を見逃すこともある。
認知症があれば、症状を正確に把握することができないこともある。
簡単に転倒するし、すぐ骨折する。
嚥下がうまくできなくて、誤嚥性肺炎を起こすことも多い。
医療機関によっては、高齢者の診療を受け入れてくれないこともある。

 

いろいろ難題の多い、この超高齢化社会の福祉を担う看護師の大変さが少しでもわかってもらえたら、と思う。

希望に合った看護師転職ができる看護師求人探し人気ランキングです!